はじめてのビットコイン購入 - ビットコイン購入方法のいろは

menu

はじめてのビットコイン購入

▼目次


ビットコインをはじめてみようと思い立ったら

「ビットコインをはじめてみようかな」と思い立ったら、まずはビットコインを購入しなければなりません。
そして購入を決心したら、まずは購入したビットコインを保管するためのウォレット(財布)をつくっておきましょう。
ビットコインはインターネット上の電子データなので、円やドルのような、お札やコインといった形のあるものではありません。
ですので銀行などの店舗への保管は不可能なのです。

あくまでも仮想の通貨なので、アプリやソフトでつくったり、Webアカウントをつくったり、またはオフラインで紙ベースのウォレットをつくったり、ハードウェアを別に購入したりと、インターネット上でさまざまなタイプのウォレットをつくります。
自分の保管方法として、どのタイプのウォレットが最適かを決めてつくっておくと、そのあとスムーズなビットコイン取引ができるでしょう。

ビットコインの購入方法

次に、ビットコインを購入するには、どこでどのように購入すればよいのでしょう。
ここでは、ビットコインの購入方法について詳しくご紹介します。

前述のとおりビットコインは仮想通貨なので銀行などはありませんし、また銀行窓口などでも取り扱ってはいません。
ビットコインは購入から、さまざまな取引、保管までのすべてをインターネット上で行います。
インターネット上には、ビットコインの購入先や送金、受け取り、保管、そして投資をするためのサイトがあり、ビットコイン事業を展開している企業が、多く参入しているのです。
では、ビットコインを購入する場合には、どのようなサイトで購入すればよいのでしょう。

まず知っておきたいことは、ビットコインの購入方法にも、数種類の方法があるということです。
一番スタンダードな入手方法には、ビットコイン取引所や販売所で買う方法。
次に、知り合いなどから買い入れる方法。
そしてビットコインマイニングで入手する方法です。

最初の入手方法の、ビットコイン取引所や、販売所での買い方は、サイトから各交換所を比較して見て決めるとよいでしょう。
その際に、なにを見て比較し決めればいいのかという、取引所や販売所を決定するためのポイントがあります。
それにはまず、そもそも取引所にするか販売所にするかの選択肢があります。
この2つの違いはというと「取引所」では、個人間での売買取引が行われていて、「販売所」ではあらかじめ決められた金額でビットコインが売り出されているという違いです。

取引所で行われているビットコインユーザー同士の販売は、あらかじめ金額の決められている販売所からの購入に比べて、安くビットコインを手に入れることが可能です。
ビットコインは1円からでも購入することができるので、投資利用する際には株やFXよりも気楽に始められて、楽しみながら投資取引ができるメリットがあります。

取引所の選び方

さて、その取引所ですが、取引所の比較サイトから一番自分に合った取引所でビットコインを購入したいものです。
取引所から購入する場合の、購入方法はまず、取引所への登録が必要です。
登録にはメールアドレスとパスワードのみで登録可能です。
ビットコインは銀行などの取引と違い、著名性が高いことに、その特徴があります。
次にログインしてから、個人情報の入力です。
入金先銀行口座なども入力して、確認されたら取引が開始されます。

ビットコインの取引所での買い方は、ビットコインユーザー同士で行うわけですが、その方法はオークション形式で執り行われています。
このオークション形式での購入方法は「成行注文」と「指値注文」の2つの注文方法で成り立っています。
最初に数量を決めておくのが「成行注文」で、最初に価格を決めておくのが「指値注文」です。

成行注文で購入する場合は「板」と呼ばれる、売買の指定価格や数量などを見ることができる、ユーザーたちの情報画面があります。
成行注文は、画面上の最安値から順番に指定の数量が満たされるまで購入します。
一方、指値注文で購入する場合は、取引板の画面から指定しておいた購入価格と、数量が一致した情報から入手できます。
売りにだしたユーザーとのマッチングで購入する方法なので、時間はかかりますが価格が決まっている分、確実な購入方法ではあります。

ほかに、知り合いから購入する場合には、取引所も販売所も介入しないので、その数量と価格は本人同士のやり取りで行うわけなので、責任のとれない危険性があります。
また、マイニングによるビットコインの入手には、多額の費用と手間が必要になり現実的な方法とは言えません。

まとめ

ビットコインは今、大きな価値を生んでいます。
2008年のビットコイン開始当初には、信頼性もまだ低くだれも見向きもしませんでした。
それが現在は、日本政府の資金決済に関する法律の対象にもなりました。
ユーザーの数が増え、価値が上がり、ビットコイン参入企業も拡大して、マーケットとしても成長していくと、今度は取引所の倒産などの発生によるユーザーの資産保護も必要になってきます。
これからそのユーザーの資産保護のための施策として、大手銀行などが信託銀行の仕組みをビットコインシステムに取り入れる予定もあります。

信頼性に於いて不確実だった、数年前から比べると、現在ビットコインは仮想通貨としての価値の増大と、信頼性の構築がしっかりと築き上げられてきています。
今後ますます、この仮想通貨はブームを通り過ぎ、一つの価値として世の中に根をおろせるパワーを持ち始めてもいます。
ビットコイン購入を考えるのならば、損はないにしても、安全で安心して利用できる、取引所や販売所、そしてウォレットを持ってマーケット拡大中の勢いに乗ってみるのも面白いかもしれませんね。